header
01
title

image

 

ある病院に余命半年と宣告された女の子がいました。
女の子の友達がお見舞いにきたときのこと。
母親は娘がまだベットの上で身体を起こせる状態のうちに
写真を残しておこうと娘を真ん中に写真を撮影しました。
それからほどなくし女の子は他界。
母親は悲しみに暮れましたが病院で撮影した写真の事を思い出し
現像に行きました。
しかし、その写真だけが見当たりません。
不思議に思い、写真屋さんにたずねて見ると
「現像に失敗して…。」と言ってなかなか見せてくれません。
娘の生前最後の写真だからと頼み込むと、店員さんは苦い顔で

「見せない方がいいと思いますけれど…驚かないでくださいね。」
と写真を見せてくれました。

そこには 亡くなった女の子だけがミイラのような状態で写っていたそうです。

母親は驚き、供養をしてもらうといい、写真を持ち帰り霊能者に相談しましたが、何も言いたがりません。
母親が無理に頼み込むと、

「…残念ですあなたの娘さんは地獄に落ちたようです。」
とだけ漏らしたそうです。

index
2010.11.30
第三話 「残念ながら」
2010.11.30
2010.11.30
2010.08.30
toppage