header
01
title

image

 

今年の夏、金沢市で実際に起こった不思議な話です。

運転士が急ブレーキをかけた事により、電車が急停止。

結果、一時間以上の遅れを出す事になりました。

急ブレーキの理由を運転士に聞くと、

 

「駅から男性が線路に飛び込んで来た。とっさに手前でブレーキをかけたけれど、間に合わなかった。…衝突する音が確かに聞こえた。」

 

と、話している。

しかし、通報を受けた警察官が周辺を捜索したが、

人の姿は見つからなかったという。

列車を点検すると、先頭車両のホーム側に当たる左側の

乗務員用階段の鉄製ステップ部分がめくれるようにゆがんでいた。

「何かがぶつかった」ではなく、運転士は数メートルの距離で

男性を見ている事から、見間違いではない事が伺える。

遺体はもちろん、血痕すら見当たらない。

ニュースでも取上げられたが、不思議な事件である。

当時ホームに人はおらず、運転士のみが目撃したことになる。

 

地縛霊だという説が多く流れているが、真相は明かされていない…。

index
2010.11.30
2010.11.30
2010.11.30
第一話 「野々市駅で…」
2010.08.30
toppage